離婚 妊娠中

妊娠中に離婚する

Sponsored Link

 

妊娠中に離婚した場合、離婚から300日を過ぎて子供が生まれた場合は、非嫡出子として母親の戸籍に入ります。

 

しかし、離婚日から300日以内に出産した場合には、親権は母親のものとなりますが、戸籍は元夫の籍に自動的に入ってしまいます。

 

出生届は、母親の住居地や本籍地、産院のある場所など、どこで提出してもかまいませんが、そのあとに子供の籍を母親の籍に移すために、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」をする必要があります
→詳しくは「子供の姓や戸籍の変更」の項を参照※本サイトの別ページへ移動します。

 

出産後に、幼子を抱えながら、手続きのために行政や家庭裁判所を行ったり来たりしなくてはならないのは大変です。

 

なので、できれば出産前から、手順や必要書類などをリサーチして準備を整えておきましょう

 

また近頃では、「できちゃった結婚」ならぬ「できちゃった離婚」も珍しくなく、中には、夫婦関係が破綻して離婚の話し合いをしている最中に新しい恋愛をして、離婚成立前に新たな相手との妊娠が発覚というケースも少なくありません。

 

その場合には、元夫の子ではないのに、戸籍上の父親は元夫になってしまいます

 

そうなると、元夫の協力を得て、家庭裁判所に「嫡出否認」の調停を申し立ててもらう必要があります

 

申し立てを受けると家庭裁判所は、DNA鑑定を行なって親子関係不存在を確認します。

 

こうなると、その手続きや精神的負担は、決して簡単なことではありません。

 

もちろん、新しい相手ができたことで離婚を決意ことは何も悪いことではありませんが、離婚成立前に妊娠することで、面倒な手続きが必要になることだけは覚えておいてください。

 

 

Sponsored Link