離婚相談

専門家に離婚相談する意味

Sponsored Link

 

厚生労働省の人口動態統計によれば、日本では3組に1組が離婚しているとのこと。

 

これを時間で表すと、「約2分に1組」別離していることになります。

 

日本のどこかで、2分おきに1組の夫婦が離婚していると考えると、その多さが理解できるのでは。

 

現実に「離婚する」ということは、単に籍を抜くというだけではなく、財産分割や年金分割、慰謝料、子供の親権や養育費などいろいろな取り決めごとをする、ということでもあります。

 

「そこは話し合いで・・・」ということになるわけですが、離婚夫婦は往々にしてお互いの主張をぶつけ合うため、なかなか話がまとまらない、となりがちです。

 

紹介する女性

それどころか、話をすればするほど泥沼化して、裁判所に持ち込まざるを得ないという最悪の事態に発展してしまうことも・・・。

 

そうならないため、あるいはそうなっても上手に事を収めるためには、専門家にバックアップしてもらうことが有効です。

 

離婚問題の専門家とはつまり、離婚問題に長けている弁護士です。

 

「離婚したいけれど、いろいろな意味で先行きが心配・・・」と躊躇しているならば、まずは専門家のアドバイスを仰いでみてください。

 

→スグに対応してくれる離婚相談窓口を探すなら、こちらを参考にしてください。女性弁護士に相談可能です。

 

ちなみに、いくら離婚問題に詳しいといっても、法的な根拠や方策によらない相談は、単なる愚痴こぼしにしかなりませんのでホドホドにしておきましょう。

 

 

Sponsored Link

 

離婚相談が必要なワケ

 

実際に離婚するとなると、様々なプロセスが必要です。

 

しかし、当然といえば当然ですが、離婚に直面するのは初めてというケースが多いため、「離婚したいけれど何から始めたらいいのかわからない???」という悩みを抱えている女性は少なくありません。

 

特に、子供がいる夫婦の離婚には解決すべき問題が多く、安易な判断は子供にまで影響を及ぼす可能性があるので、慎重さが求められます。
例えば、離婚手続きにおいては、父母どちらが親権を持つかということを決定しなければなりません。

 

もちろん、子供にとっては離婚しようとしまいと父母ともに親だという事実は変わりませんが、未成年の子供をどちらが引き取るのか、ということは、子供の成長に重大な影響を与える事柄ですから、単に親のエゴで決定してよいというものではないのです。

 

ところが、実際にはこの点で揉めるケースがとても多く、その場合には家庭裁判所の決定に委ねるという事になります。

 

裁判所では、財産や収入面についても重視されますが、それよりも育児に対する主たる監護者はどちらか、あるいは急激に生活環境を変化させ子どもが心理的に不安定な状況に陥ることがないようにとの配慮から総合的に判断されます。

 

さらに、親権以外にも、財産分割や養育費についてなど、離婚において決定しなければならないことは山ほどあります。

 

話し合いを面倒くさがって安易に別れてしまえば、特に女性側の離婚後の生活に支障が出てしまいかねません。

 

離婚の話し合いは、夫婦間で問題なく円滑に進めることができれば、それが一番良いのですが、現実には、円滑に解決できないというカップルがとても多いです。

 

そもそも、お互いの意見がぶつかってばかりで、互いに尊重できないことから離婚に至るケースが多いわけですから、離婚の話し合いが平行線になってしまうことは不思議ではないのです。

 

自分のため、子供のために上手に離婚するためには、やはり専門家の手助けを借りることをオススメします。

 

離婚を決心したなら、離婚相談を専門にしている弁護士事務所に相談し協議を進めることで、不安のない将来設計が可能になるでしょう。

 

離婚を専門としている弁護士には女性が多いので、同姓の立場に立ったさまざまな助言が期待できます。

 

男性弁護士だってもちろん、数々の離婚ケースを経験しているので、冷静に最善の策を練ってくれるでしょう。

 

一番避けたいのが、離婚に詳しくない弁護士に相談すること。

 

弁護士資格に種類はありませんが、やはり分野によって得意・不得意がありますので、相談先選びには神経を使ってください。

 

 

Sponsored Link

 

離婚相談は簡単!

 

弁護士なんて聞くと、「裁判沙汰にはしたくないから・・・」と考える人は少なくありませんが、だからこそ弁護士に相談することが大切なんです。

 

裁判ではない

離婚について、弁護士に相談する=裁判ではありません。

 

離婚が泥沼化して裁判所に持ち込まれる原因は、夫婦間の感情のもつれです。

 

弁護士に相談するメリットの一つは、財産に関すること、子供の親権に関すること、養育費に関すること、さらには慰謝料に関することなど、離婚することで発生する問題について一つ一つ合理的に整理することができるということ。

 

つまり、夫婦間ではまとまらない話し合いも、弁護士が代理人になることで、夫婦互いの感情論が排除されるために、物事が合理的に決定され、協議離婚が成立しやすくなるわけです。

 

万が一弁護士が間に入っても、どうしても話し合いがまとまらなければ、調停や裁判などに持ち込むタイミングも弁護士に任すことができるため、安心して離婚協議を進めることができるはずです。

 

要するに、協議によってでけじめをつけるためには、早い段階から弁護士に離婚相談することが有効だということです。

 

→スグに対応してくれる離婚相談窓口を探すなら、こちらを参考にしてください。女性弁護士に相談できます。

 

 

「でもやはり、弁護士に相談するのは気が引けるけれど、誰かに話したい・・・」というなら、女性専用の電話カウンセリングをオススメします。

 

困った・・・決断したい・・・誰かに話したい・・・というときに、カウンセラー一覧の中から希望の人を選んで相談できるサービスです。

 

仕事・キャリア・恋愛・結婚・離婚・育児・お金等々プライベートな事で「誰か、詳しい人にアドバイスをもらいたい、話をしたい」というなら、ボイスマルシェがオススメです。

 

 

Sponsored Link